病院から危篤を告げられた時の対応はどうすればいい?

家族葬 蓮(れん)

危篤時の対応方法を知らないリスク

危篤時の対応方法を知らないリスク 画像

入院している本人が危篤状態になったと医師に告げられた時、あなたは冷静に対応することができますか?対応する術を知らないままだと、『最期に本人の会いたい人に合わせられなかった』、『本人の関係者への連絡が大幅に遅れた』といった残念な結果を招くことになります。 ここでは、危篤を知らせるべき相手の範囲や何を伝えるべきなのかといった、対応時に役立 つ知識をご紹介します。

スポンサードリンク

危篤を知らせるべき相手はどこまで?

危篤であることを連絡するべき対象は、基本的には以下の範囲です。

・三親等内の直系の親族

祖父母、両親、兄弟姉妹、子ども、孫、叔父、叔母、甥、姪

・配偶者の親族

両親、祖父母

・勤務先(社会人である場合)

上司、同僚

・友人

親しい友人

あくまでもこれらは基本であり、本人の要望や関係性から判断することが大切です。場合によっては、ご近所さんや恩師といった関係者に伝えるべき時もあるでしょう。一人で多人数に連絡しなければならない場合は、連絡した相手に協力をお願いし、拡散してもらうなどすると良いでしょう。

伝えるべき3つの内容

本人と自分の名前を伝えるのは当然ですが、それ以外にも相手に伝えるべき内容があります。

1.本人の容態と見通し

危篤とは『今にもなくなりそうな状態のこと』です。ただ、危篤と宣言されてから亡くなるまでの時間は人によって差があり、数十分の場合もあれば、10日以上生き続ける場合もあります。 ですので、連絡する相手には、意識の有無や医師の見解などを詳しく簡潔に伝えましょう。状態や見解によっては、すぐに行かなければならないかそうでないかの見通しが変わります。

2.本人がいる場所とその連絡先

入院先、搬送先の病院の名前、住所、連絡先を正確に伝えましょう。病棟名や病室番号も伝えておくと、到着後すぐに病室に駆け付けてもらうことができます。

3.自分の連絡先

今後の連絡担当も自分である場合、自分の名前、本人との関係、電話番号をしっかりと伝えましょう。連絡担当が家族や親族といった自分以外の人である場合は、「何かあればこちらに連絡してください。」と一言添えて、その人の名前と連絡先を伝えましょう。

これら3つの内容をあらかじめメモなどにまとめておくと、より簡潔かつスムーズに伝えられます。

連絡手段はもっとも確実に伝わる方法で!

もっとも早く伝えることができるのは電話です。 ただ、固定電話や携帯電話を持っていない人も当然いますし、場合によっては相手の携帯電話の電池や電波が切れているタイミングもあります。

そんなときはSNSやメールを活用しましょう。 メールやSNSで連絡する場合は、両方に送ればより確実に伝えることがきます。たとえば、メールとFacebookのアカウントがある人にはその両方に送る、といった具合です。

また、先ほど説明した『連絡するべき相手』を事前にチェックしておいて、連絡先を登録しておくことの重要です。いざとなったときに、連絡先が分からず慌てたり、連絡しそびれたりするリスクを減らすことができます。

病院から危篤を告げられた時の対応のまとめ

危篤を告げられた時は、誰しも気が動転したり、頭が真っ白になってしまったりするものです。それは連絡をもらう側も同じです。今は危篤ではなくても、本人が危険な状態であることがわかっている場合は、あらかじめ相手に伝えておくと良いでしょう。お互い気持ちの準備ができるので、冷静に対応できるはずです。

スポンサードリンク

初めてのお葬式・お役立ちコラム

身内が亡くなったら

身内が亡くなったらやること

大事な人を失ったときには、誰でも辛く、頭が真っ白になってしまうものです。しかし、やるべきことはたくさんあります。身内の臨終後、すぐに必要なことをシンプルにまとめました。身内が亡くなったらやることの詳細をもっと読む

葬儀に必要な書類

葬儀に必要な書類

亡くなったらまず発行されるものとして、死亡診断書または死体検案書があります。故人をどこかに移動させるときや市役所に死亡の届出をするときに必要な書類で、いずれかがなければ葬儀を滞りなく終えることができません。葬儀に必要な書類の詳細をもっと読む

お葬式費用の相場と違い

お葬式費用の相場と違い

日本消費者協会の調査「第10回葬儀についてのアンケート調査(2014年)」によると、お寺へのお布施を除いた葬儀費用の平均額は約156万円です。ただしこれはあくまで平均であり、お葬式の規模によって費用の相場は大きく違います。一般葬・家族葬・直葬について、相場費用をまとめました。お葬式費用の相場と違いの詳細をもっと読む

病院から危篤を告げられた

病院から危篤を告げられた

入院している本人が危篤状態になったと医師に告げられた時、あなたは冷静に対応することができますか?対応する術を知らないままだと、『最期に本人の会いたい人に合わせられなかった』、『本人の関係者への連絡が大幅に遅れた』といった残念な結果を招くことになります。病院から危篤を告げられたの詳細をもっと読む

お葬式の準備

お葬式の準備

通夜は、近親者が故人をそばで見守り夜を過ごす儀式です。 故人の冥福を祈るために、最期の別れを告げる大切な時間となります。そんな通夜ですが、具体的にどんな準備をすればいいか知らない人は多いのではないでしょうか。 知らなないまま遺族や親族がなくなってしまうと、準備するべきことが分からず戸惑ってしまうこともあるでしょう。お葬式の準備の詳細をもっと読む

死亡後の手続き

死亡後の手続き

近親者が亡くなった場合、通夜や葬儀の準備とともに、死亡に伴ういくつかの手続きも必要になります。 その多くは市区町村の役所で行うもので、中には7日以内といった期限付きのものもあります。 手続きが必要な種類を事前に知っておくことで、いざ自分が手続きをしなければならなくなった時に焦らず対応することができます。 死亡後の手続きの詳細をもっと読む

遺体の搬送・安置

遺体の搬送・安置

亡くなった本人の遺体を搬送・安置する上では、迅速な行動と冷静な判断力が必要になります。ただ、『搬送前には医師から死亡診断書をもらわなければならない』など、いくつか知っておくべきルールもあります。遺体の搬送・安置の詳細をもっと読む

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式の違い

葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 さて、ここでは、『葬儀』と『告別式』の違いについて分かりやすく解説します。葬儀と告別式の違いの詳細をもっと読む

葬儀プラン

家族葬

家族葬

通夜・告別式をご家族、親しい方で密葬で執り行うお葬式プランです。

一日葬

一日葬

最低限の葬儀・葬式。告別式から火葬までを1日で執り行うお葬式プランです。

火葬式

火葬式

葬儀費用を抑えたお通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うお葬式プランです。

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP