【浄土宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

家族葬 蓮(れん)

【浄土宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

【浄土宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は? 画像

浄土宗は、法然上人(ほうねんしょうにん)を宗祖としています。阿弥陀仏の平等の慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と称えて、信者が人格を高め、社会のためにつくして浄土に生まれることを願います。お釈迦さまが説いたとされる「無量寿経(むりょうじゅきょう)」「観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)」「阿弥陀経(あみだきょう)」の三部経がよりどころです。

スポンサードリンク

浄土宗の葬儀の流れ

◇枕経
息をひきとったあとは、故人の枕もとや周辺を整理し、安らかに眠れる浄域としてから弔問をうけるようにします。故人は北枕にすることが習わしです。これはお釈迦さまが入滅の時「頭北面西(ずほくめんさい)」になられ、その寂静にあやかるためと考えられています。

故人を送る準備ができたら菩薩寺の僧侶を呼び、枕経をあげてもらいます。枕経(まくらぎょう)とは、故人の枕もとで、この世を去り、浄土に往生するために読んでいただくお経です。

◇通夜
お通夜は、仏堂にこもってて法義を語りあったことから、故人のそばで夜通し守ることになったようです。生前の思い出を語り合い、死体をお護りしながら、夜通し線香をあげて偲び、静かに語りあって最期の別れを惜しむようにしましょう。

◇葬儀
浄土宗の葬儀は以下のような手順でとりおこなわれます。

  • 1.入堂
    導師、式衆が入堂します
  • 2.香偈(こうげ)
    香をたき諸仏の降臨を願います
  • 3.三宝礼(さんぽうらい)
    仏法僧に対して礼拝をします。
  • 4.奉請(ぶじょう)
    降臨した諸仏にお願いをします。
  • 5.懺悔偈(さんげげ)
    仏に生前の罪を懺悔します。
  • 6.作梵(さぼん)
    梵語の「四智讃(しちさん)」を唱えます。
  • 7.引導下炬(いんどうあこ)
    浄土宗の葬儀で最も大切な儀式です。2本の松明または線香を持ち、1本を捨て、残りの1本で円を描き、下炬引導文を述べた後、念仏を十篇唱えます。
  • 8.開経偈(かいきょうげ)
    教義の真義を会得することを願います。
  • 9.読経
    「四誓偈」か「仏心観文」の経文を読経します。
  • 10.念仏一会(転座)
    仏に救われた事を感謝し、数多くの念仏を唱えます。
  • 11.総回向(そうえこう)
    阿弥陀仏の功徳により往生を願います。
  • 12.総願偈(そうがんげ)
    仏道修行の四願を誓い往生を願います。
  • 13.三身礼(さんじんらい)
    阿弥陀仏への帰依を誓います。
  • 14.送仏偈(そうぶつげ)
    仏を送ります。
  • 15.退堂
    導師、式衆が退堂します。

浄土宗のお葬式の特徴的な部分は、引導下炬(いんどうあこ)と呼ばれる儀式です。 僧侶が棺の前でお焼香を行い、たいまつを意味する法具を2本、そのうちの1本を捨てるという所作を行います。この所作は煩悩にまみれたこの世を嫌い、離れるということを意味しており、もう1本はたいまつで円を書いて文面を読み、読み終えたらたいまつを捨てる動作を行います。それは極楽浄土に往生したいと心から祈願し、求めるという意味をあらわします。

僧侶は参列者と共にお念仏を唱えますが、この念仏一会という教えも浄土宗の葬儀のポイント。お念仏を唱えるのは、信仰心を深めるという意味合いと、参列者を阿弥陀仏と結びつける、縁を結ぶ意味を持っています。そして阿弥陀仏への帰依を誓い、仏様をお見送りしたのち、導師が退場することをもって、葬儀が終わります。

浄土宗における線香の作法

浄土宗の焼香には、特に回数の決まりはなく、額に押し頂いた後で香炉にくべます。 寺院によって違いはあるものの、1回もしくは2回程度が多いようです。

参列者の服装と香典

浄土宗の葬儀に参列するときの服装は、一般的な喪服と変わりません。男性は黒かグレーのダークスーツ。ネクタイ、靴下、靴は黒が正式です。ネクタイピンはしないようにしましょう。カフスは銀や真珠のものを使用します。女性は黒、グレーまたは濃紺の地味なワンピースやスーツ。バッグや靴は黒で、シンプルな物。光沢があるものや留め金がある派手なものは避けましょう。アクセサリーは、指輪は結婚指輪以外はいけません。もしする場合は真珠か光らない黒石にしてください。髪止めも、目立たない地味なものがよいですね。男女ともに、ハンカチも柄がないものにしましょう。

お香典の表書きは、葬儀の場合、御霊前、御香典、あるいは御香料のいずれかを使いましょう。

浄土宗葬儀のお布施の相場

浄土宗の僧侶にお布施を渡す場合、表書きは「御布施」とします。布施袋に「お経料」など「○○料」は商取引の支払いの意味になり、大変失礼であると考えられています。

ただし、車代や食事代を渡す際に「御車料」「御膳料(粗飯料)」「粗末料」「御菓子料」と書くのは失礼にあたりません。

お布施は通夜、または葬儀のあとに僧侶に挨拶をする際に渡すと良いですね。

浄土宗葬儀のまとめ

浄土宗では引導下炬(いんどうあこ)など、はじめて参列する方にはなじみのない習わしもありますが、どれも個人が仏様の救いを得られるよう願う大切な儀式です。故人のためにも、滞りなく葬儀をとりおこないましょう。

宗派別のご葬儀・お葬式マナー 関連記事

【浄土真宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

浄土真宗の葬儀

浄土真宗は、浄土宗を開いた法然の弟子、親鸞聖人により創られたとされています。親鸞が亡くなった後、複数に分派しましたが、現在では本願寺派と大谷派が主です。浄土真宗の葬儀の詳細をもっと読む

【曹洞宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

曹洞宗の葬儀

曹洞宗は、仏教の中でも禅宗と呼ばれる宗派の一派です。曹洞宗の葬儀は、死後にお釈迦様(釈迦如来)の弟子になるために行うと考えられています。曹洞宗の葬儀の詳細をもっと読む

【真言宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

真言宗の葬儀

真言宗とは、空海(弘法大師)によって平安時代に開かれた宗派です。真言宗は当時の中国の密教からきているため、故人の頭に水をかける灌頂(かんじょう)など、他の宗派にはない手順や作法があります。真言宗の葬儀の詳細をもっと読む

【浄土宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

浄土宗の葬儀

浄土宗は、法然上人(ほうねんしょうにん)を宗祖としています。阿弥陀仏の平等の慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と称えて、信者が人格を高め、社会のためにつくして浄土に生まれることを願います。浄土宗の葬儀の詳細をもっと読む

【日蓮宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

日蓮宗の葬儀

日蓮宗の開祖は、日蓮聖人であるとされています。日蓮聖人の教えでは「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」の7文字のお題目を唱える修行が大切にされています。日蓮宗の葬儀の詳細をもっと読む

スポンサードリンク

[特集]『葬儀』と『告別式』はなぜ混同されやすいのか

『葬儀』と『告別式』はなぜ混同されやすいのか

葬儀と告別式はなぜ混同されやすいのか

葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 さて、ここでは、『葬儀』と『告別式』の違いについて分かりやすく解説します。葬儀と告別式はなぜ混同されやすいのかをもっと読む

葬儀プラン

家族葬

家族葬

通夜・告別式をご家族、親しい方で密葬で執り行うお葬式プランです。

一日葬

一日葬

最低限の葬儀・葬式。告別式から火葬までを1日で執り行うお葬式プランです。

火葬式

火葬式

葬儀費用を抑えたお通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うお葬式プランです。

スポンサードリンク

葬儀の流れ

葬儀社に連絡

葬儀社に連絡

臨終→葬儀社に連絡→ご遺体の移動→安置→葬儀の打合せ
葬儀場・日程や菩提寺等への連絡、斎場(火葬場)確認・葬儀方法決めます。

通夜

通夜

納棺→通夜→通夜ぶるまい
家族葬の場合、参列者が身内のため、通夜や告別式の受付は用意しません。

告別式

告別式

告別式(読経・焼香・献花)・式中初七日→斎場へ移動→火葬
火葬の間に斎場別室で精進落としの場合もあります。

よくある質問

お葬式の通夜と告別式は、何時間かかりますか?
回答はこちら
お葬式 服装について教えてください
回答はこちら
お葬式のメイクについて教えてください
回答はこちら
葬儀社を選ぶ基準を教えてください。
回答はこちら
葬儀代金は誰が支払いますか?
回答はこちら
供花(献花)は、誰が送るのでしょうか?
回答はこちら

人気記事

↑ PAGE TOP