【真言宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

家族葬 蓮(れん)

【真言宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

【真言宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は? 画像

スポンサードリンク

真言宗の葬儀の流れ

真言宗とは、空海(弘法大師)によって平安時代に開かれた宗派です。真言宗は当時の中国の密教からきているため、故人の頭に水をかける灌頂(かんじょう)など、他の宗派にはない手順や作法があります。真言宗では、真理を学び求め続けた先にようやく救いがあるとされている点がポイントです。

◇通夜
お通夜は仏間か広間で行い、僧侶を呼んで枕経をあげて貰います。そして通夜法話をいただいた後、通夜振舞いで参列者に食事やお酒をふるまい、故人の思い出を語り合います。

「お通夜」とは、お釈迦様が入滅した際、弟子たちが遺体を見守りながら、お釈迦様の教えを互いに夜通しで話し合った、という故事に由来する儀式です。このため真言宗では、故人さまと参列者が最後に心を通わせられるように、故人と参列者とを「相互供養」するために読経を行います。

◇枕経
真言宗では、古くは臨終の際、亡くなることに対する恐れを無くすため、枕元にてお経を唱えて病者に安堵を与えるのが「枕経」でした。これに起因して、故人に悪影響が及ばないよう、不動明王様に故人をお守り下さるようにお願いし、枕元にて読経するのが「枕経」であると考えられています。

◇納棺式
納棺では、土砂加持が行われます。真言宗における特徴的な儀式であるといえるでしょう。土砂を洗い清め、護摩をたいて御本尊の前で明真言を唱え、土を故人にかけてから納棺します。

◇葬儀
真言宗の葬儀は、故人を大日如来の支配する密厳浄土(みつごんじょうど)に送り届けるための儀式として解釈されています。故人を密厳浄土に送り届けるため、今世で身についている悪い考えや習慣などを葬儀で浄化し、仏様の加護を得られるよう供養します。

真言宗の葬儀は、以下のような形で執り行われます。

  • 1.入場
    導師、式衆が入場します。
  • 2.塗香(ずこう)
    体に香を塗ってけがれを取り除きます。
  • 3.洒水(しゃすい)
    洒水器を使用し柩に法水を振り掛けます。
  • 4.加持
    手に印契を結び金剛杵を用いて、真言を唱えます。
  • 5.三礼・剃髪
    三礼文を唱え、仏法僧に帰依し、僧侶がカミソリを手にして偈文(げもん)を唱えながら頭を剃ります(剃る真似だけの場合もあります)。
  • 6.受戒
    故人に戒律を授けます。
  • 7.表白(ひょうびゃく)
    大日如来をはじめ、諸仏に故人の教化(きょうけ)を願います。
  • 8神分(じんぶん)
    大日如来、阿弥陀如来、弥勒菩薩、観音菩薩、閻魔大王などの降臨に感謝をし、加護を願い、故人の滅罪や成仏を願います。
  • 9.引導
    引導を渡し、偈を三遍唱えます。
  • 10.破地獄(はじごく)の印
    故人の心の中にある地獄を取り除きます
  • 11.御引導大事
    弘法大師引導の印、偈文、真言を授けます。
  • 12.血脈
    真言密教の血脈を授けます。
  • 13.六大印
    真言を授けます。
  • 14.諷誦文(ふじゅもん)
    故人の成仏を願う諷誦文を唱えます。
  • 15.後讃
    鉢をつきます。
  • 16.読経
    真言・陀羅尼、回向を唱えます。
  • 17.祈願
    故人が都率浄土に往生するよう祈願します。
  • 18.導師最極秘印
    導師最極秘印という印を結び、葬儀式が終了します。

葬儀の最後に僧侶が光明真言を唱えます。「オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニ ハンドマジンバラ ハラバリタヤ ウン」大日如来をたたえ光明をお願いするとの意味です。そのあと導師、式衆が退場し、出棺・火葬となります。

真言宗における線香の作法

各宗派において焼香の方法はさまざまですが、真言宗では三回を基本としています。この理由は以下のような諸説があります。

  • ・三宝(仏・法・僧)」に帰依するため
  • ・大日如来様・弘法大師様・ご先祖様に帰依するため
  • ・故人と向かい合うために自身の「身・口・心」を清めるため

参列者の服装と香典

真言宗では、葬儀の際の香典袋の表書きは「御霊前」もしくは「御香典」を使用します。入れる額は差出人の年齢・相手との関係性によりますが、友人や会社関係者でおよそ5千円、身内では1万円~10万円が妥当です。 服装は、真言宗だからといって特別な服装をする必要はありません。一般的な喪服や黒のススーツが適しています。結婚指輪は身につけてもよいですが、その他のアクセサリー類をつけるのは失礼にあたります。真言宗のお葬式では、アクセサリーは基本的に身につけないようにしましょう。 真言宗の数珠は、振分数珠(ふりわけじゅず)と呼ばれ、108個が連なっている本連を使います。現代では各宗共通で使用できる略式数珠でもよいとされていますが、遺族の場合は本式数珠を使うのが正式です。

真言宗葬儀のお布施の相場

通夜・葬儀での僧侶への「お布施」とは読経料の事です。僧侶の位階、寺の格式によって異なりますが、相場的には、大体10万円から30万円です。これは読経料のほかに戒名料も含まれています。戒名料は戒名の位によって、また宗派によって、さらに地域や寺院によって異なります。 また、導師だけでなく脇導師がついてくる場合がありますが、その人には導師の約3分の1の金額が相場です。 また、渡すタイミングは、お通夜の後が適当です。本来は葬儀がすべて終わった直後がよいのですが、お葬式は出棺、火葬と続いて忙しくなるため、前日でよいでしょう。

まとめ

真言宗の葬儀は行う儀式が多く、複雑に感じる方もいるかもしれません。しかし、一つ一つのことに意味があり、故人のために考えられています。故人への思いを形にするお葬式にできるとよいですね。

宗派別のご葬儀・お葬式マナー 関連記事

【浄土真宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

浄土真宗の葬儀

浄土真宗は、浄土宗を開いた法然の弟子、親鸞聖人により創られたとされています。親鸞が亡くなった後、複数に分派しましたが、現在では本願寺派と大谷派が主です。浄土真宗の葬儀の詳細をもっと読む

【曹洞宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

曹洞宗の葬儀

曹洞宗は、仏教の中でも禅宗と呼ばれる宗派の一派です。曹洞宗の葬儀は、死後にお釈迦様(釈迦如来)の弟子になるために行うと考えられています。曹洞宗の葬儀の詳細をもっと読む

【真言宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

真言宗の葬儀

真言宗とは、空海(弘法大師)によって平安時代に開かれた宗派です。真言宗は当時の中国の密教からきているため、故人の頭に水をかける灌頂(かんじょう)など、他の宗派にはない手順や作法があります。真言宗の葬儀の詳細をもっと読む

【浄土宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

浄土宗の葬儀

浄土宗は、法然上人(ほうねんしょうにん)を宗祖としています。阿弥陀仏の平等の慈悲を信じ、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と称えて、信者が人格を高め、社会のためにつくして浄土に生まれることを願います。浄土宗の葬儀の詳細をもっと読む

【日蓮宗】知っておきたい葬儀の流れとマナー、お布施の相場は?

日蓮宗の葬儀

日蓮宗の開祖は、日蓮聖人であるとされています。日蓮聖人の教えでは「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」の7文字のお題目を唱える修行が大切にされています。日蓮宗の葬儀の詳細をもっと読む

スポンサードリンク

[特集]『葬儀』と『告別式』はなぜ混同されやすいのか

『葬儀』と『告別式』はなぜ混同されやすいのか

葬儀と告別式はなぜ混同されやすいのか

葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 さて、ここでは、『葬儀』と『告別式』の違いについて分かりやすく解説します。葬儀と告別式はなぜ混同されやすいのかをもっと読む

葬儀プラン

家族葬

家族葬

通夜・告別式をご家族、親しい方で密葬で執り行うお葬式プランです。

一日葬

一日葬

最低限の葬儀・葬式。告別式から火葬までを1日で執り行うお葬式プランです。

火葬式

火葬式

葬儀費用を抑えたお通夜・告別式を行わず、火葬のみを執り行うお葬式プランです。

スポンサードリンク

葬儀の流れ

葬儀社に連絡

葬儀社に連絡

臨終→葬儀社に連絡→ご遺体の移動→安置→葬儀の打合せ
葬儀場・日程や菩提寺等への連絡、斎場(火葬場)確認・葬儀方法決めます。

通夜

通夜

納棺→通夜→通夜ぶるまい
家族葬の場合、参列者が身内のため、通夜や告別式の受付は用意しません。

告別式

告別式

告別式(読経・焼香・献花)・式中初七日→斎場へ移動→火葬
火葬の間に斎場別室で精進落としの場合もあります。

よくある質問

お葬式の通夜と告別式は、何時間かかりますか?
回答はこちら
お葬式 服装について教えてください
回答はこちら
お葬式のメイクについて教えてください
回答はこちら
葬儀社を選ぶ基準を教えてください。
回答はこちら
葬儀代金は誰が支払いますか?
回答はこちら
供花(献花)は、誰が送るのでしょうか?
回答はこちら

人気記事

↑ PAGE TOP